日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
小さな春、見つけた


水温がようやくきゅっと上がって18℃。
濁りも一段落し、伊豆の海中は一気に春めいてきた。
というわけで、この日の撮影のお題は「小さな春、見つけた。」に決まり。
早速撮影に取り掛かる。

浅場のゴロタ石は、みんなこんな感じ。
海藻の芽にびっしりと覆われ、とってもいい感じ。
萌黄色(もえぎいろ)の絨毯の中を覗いて見た。



いたいた、早速現れたのは、深紅色をしたウミウシの赤ちゃん。
緑と赤の原色の対比がとっても絵になるなあ。



ちょっと場所を変えてみると、ずいぶん大きく育ったマメダワラの林に、数百匹の小魚の群れが気持ちよさそうに泳いでいた。
実はこれ、全部ドロメの幼魚!!
対角線魚眼のフィッシュアイレンズを使っても、全体を写し込むことができない。



こんな大きな群れ、見たことない!
アップにしてみると、確かに黄色いシマシマのドロメの子供たち。
ここは本当に小さな生き物たちの貴重な保育園だ。

柔らかな陽光の中、海底のいろいろな場所で、生命の息吹が感じられる。
こんな中でのダイビングは、本当に楽しい。

一番上の写真:[2009年4月26日西伊豆にて撮影, NIKONOS RS, 13mmFisheye, PROVIA, 1/30, f8、自然光]
2番目の写真:[2009年4月26日西伊豆にて撮影, EOS5D MarkII, 100mmMacroUSM, ISO400, 1/50, f32、ストロボ2灯]
3番目の写真:[2009年4月26日西伊豆にて撮影, NIKONOS RS, 13mmFisheye, PROVIA, 1/30, f8半、ストロボ2灯]
一番下の写真:[2009年4月26日西伊豆にて撮影, EOS5D MarkII, 100mmMacroUSM, ISO400, 1/60, f20、ストロボ2灯]

HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.