日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
ミズウオ現る-生から死へ


本来深海に棲む彼らだが、こんな浅場に現れるにはそれなりの理由があるようだ。
みるみるうちに浅い方、浅い方に突き進む彼ら。
方向感覚が完全にマヒして、まるで自殺しようとしているように見える。



何度か沖の方へ押し返そうとしたが、やはり岸の方向へ向かおうとする彼ら。
そしてついにはこのように波打ち際に乗り上げて苦しそうに口を開けながら息をするが、そのうち事切れてしまった。



突然海からやってきた見たこともない怪魚に、通りすがりの観光客の一家もビックリ。



この日は2匹のミズウオが水中で観察できたが、その数日前から別な個体が同じようにこの湾に迷い込んでいたようで、近くには白骨化しかかった死骸が沈んでいた。



翌日、前の日に波打ち際に打ち上げられていた個体の死体が、波に揺れていた。
春濁りの始まった陽の光に洗われたその姿は、なんだか神々しく思えた。

まるで自殺するかのように、ここ数日間この湾に姿を現したミズウオたち。
この現象は何を意味しているのだろう。
この冬は、日本海側でリュウグウノツカイやサケガシラやダイオウイカが異常に見つかっているそうだが、この流れに関係あるのだろうか。

生から死へ。
海の神秘を考えさせられた数日間だった。


[2014年3月22、23日、西伊豆にて撮影]


HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.