日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
カサゴいっぱい


全長10センチほどの、セトミノカサゴを見つけた。



胸鰭の裏に隠された、エメラルド色の水玉模様がとってもキュート。



その横では、立派な烏帽子をもつ雄のエボシカサゴが、大きな胸鰭を広げて悠々と泳いでいた。



帰り道に出会った、キリンミノ。



伊豆の定番、イソカサゴが、海藻にくるまってお昼寝中。



でっかい顔のフサカサゴが、海底に鎮座する。



そしてやっぱりトリをつとめるのは、お馴染みのミノカサゴ。
いろんな撮影していると、その様子を脇からじっと見つめる視線を感じる。
なんとも好奇心の旺盛な魚だ。

この日の2回の潜水中に、愉快なカサゴの仲間をいろいろと観察することができた。
これからも彼らの様子を、丁寧に撮影していきたい。
いやー、満足、満足。


[2017年3月25日、西伊豆にて撮影]
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.