日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
宇宙船地球号


海底をびっしりと覆っていたフクロノリがそろそろ終わりの季節を迎えてきた。
水面にはちぎれた残骸が流れていく様子があちこちにみられる。

そんな様子を水面下からぼーっと眺めていたら、何かと目が合ったような気がした。
それは、フクロノリの残骸にちょこんと乗って、こちらを警戒する小魚たち。



暫く遠くから観察していたら、ようやく警戒が解けたようで、裏の方から続々と仲間たちが顔を出した。

まるで狭い宇宙船にひしめき合いながら生きていかざるを得ない、我々の姿のように見えてきた。


[2017年5月28日、西伊豆にて撮影]
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.