日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
スズキがきた~~~っ!!


このところ潜るたびに見かける巨大な魚。
水深3mほどの浅場をホバリングしたり、さーっと移動したり。
体長は60~70センチあるだろうか。

その名はスズキ。
暖かい季節に大きな群れを作っているのは時々観察するが、ここまで老成した個体を見るのは珍しい。
背中がまるでサラサハタのように盛り上がり、圧倒的な存在感。

その昔から「江戸前の魚」として日本人の心情に深く関わってきたスズキ。
秋の水温低下とともに深場に移動し越冬するというが、1匹だけで浅場をうろうろしているのはどういうわけだろう。

謎は多いが、ともかくこの姿を見るのは今がチャンス!
海に急げ!!


[2008年12月西伊豆にて撮影, NIKONOS RS, 50mmMacro, PROVIA100F, 1/30, f5.6、自然光]

HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.