日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
不老不死の生物発見!


ベニクラゲは傘の高さと幅が1センチしかないが、傘の中に紅色の生殖腺があって美しい。
一度死んだように海底に沈んだベニクラゲが、根状に変わり、稚クラゲになる前のポリプという状態に若返ることから「不老不死のクラゲ」といわれる。



新江ノ島水族館のHPによれば、そのからくりは次のとおり。
外敵に襲われて傷ついたり、環境が悪化して生きてゆけない時、泳げなくなって海底に沈み、体全体が団子のような塊になる。
この塊はキチン質の膜を全体におおい、そのまま海底の堅いものに付着する。
そして体中から根のようなものを伸ばし、その後、茎のようなものを1本だけ上に伸ばし、先端に花のような構造を作る。
ここから若返ったポリプが誕生するのだとか・・・。

なぜ繰り返し若返ることができるのだろう。
普通の動物の場合、いったん分化し終わった細胞が分裂を起こすことはないが、ベニクラゲは分化が終わった細胞を分裂させることができ、さらに細胞が用途に合わせ生まれ変わることができるという。

「不老不死」とは、なんとも夢のある話ではないか。
世界には不思議な生き物がいるもんだ。


上下写真共:[2009年3月7日西伊豆にて撮影, NIKONOS RS, 50mmMacro, E100, 1/60, f8、ストロボ]

HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.