日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
びんミジンのちょっと考えさせられる物語


びんにミジンベニハゼのペアが住み着いて、子育てを始めた。



びんの外側から見てみると、ビンの中側に黄色い卵を産んで、かいがいしく世話をする親の姿が透けて見える。
命の尊さを考えさせられる、とてもすばらしいシーンだ。



でも、10m程離れた別な場所でこの光景を見てはっとした。
このびんはミジンベニハゼが産卵しているびんではない。
全く同じびんが周辺にいくつか置かれているのだ。
そう、これは何者かがミジンベニハゼに産卵をさせるために、海底に置いて回ったものらしい。



そうこうしているうちに、こんな看板まで立ってしまった。
看板を立てた人に他意はないと思うが、これから他の産卵・子育てポイントも同様の姿になるのだろうか。

こんな風にして海底が観光化され、汚されていくのは悲しい。
人の手でゴミを持ち込んで配置して、生き物の生態を観察する。
このことの意味について、みんなでよく考えるべき時なのかもしれない。


1番目写真:[2009年8月8日西伊豆にて撮影, D80, SIGMA15mmFisheye, ISO200, 1/8, f18、ストロボ2灯]

2番目写真:[2009年8月8日西伊豆にて撮影, EOS 5DMarkII, 100mmMacroUSM, ISO400, 1/15, f8、手持ちライト]

3番目写真:[2009年8月15日西伊豆にて撮影, D80, SIGMA15mmFisheye, ISO200, 1/10, f18、ストロボ2灯]

4番目写真:[2009年8月15日西伊豆にて撮影, EOS 5DMarkII, SIGMA24mm, ISO200, 1/10, f8、ストロボ1灯]

HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.