日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
生命の気配


水深25m。
タマシキゴカイの卵塊タワーに、ヒメヨウラクが食事にあずかろうと寄ってきた。



そのまま浅場に移動。
水深3mでは、岩の陰にテングニシの卵塊、別名ウミホウズキが見事な純白の姿を見せる。



同じ水深3mの砂場。
プヨプヨの風船があちこちに見られる。
タマシキゴカイの卵塊だ。

一年で一番水温の高い時期を迎え、海中はいろいろな生物たちが次の世代へ命を繋ぐのに大忙し。
あちこちで生命の気配を感じる。


上写真:[2009年9月6日西伊豆にて撮影, D80, SIGMA15mmFisheye, ISO200, 1/8, f18、ストロボ2灯]

中写真:[2009年9月6日西伊豆にて撮影, EOS 5DMarkII, 100mmMacroUSM, ISO200, 1/60, f18、ストロボ2灯]

下写真:[2009年9月6日西伊豆にて撮影, D80, SIGMA15mmFisheye, ISO200, 1/30, f18、ストロボ2灯]

HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.