日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
対極の癒しの存在
2004.08.14.jpg

曇りがちの空模様。
一瞬太陽がのぞき光条が差し込んできた。
そこで目の前に浮かび上がったのが
このカブトクラゲ。
触れば崩れてしまうその体。
泳ぐわけでもなくただ波の動きに身を任せ大海をさまよう。
あまりに忙しい現代人にとって、
対極にある癒しの存在。



[2004年8月、西伊豆にて撮影、NIKONOS RS、RDPⅢ、13mmFisheye、1/125、f5.6半、自然光]
HP TOPへ

Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.