日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
ウミノミの存在感


黒潮が駿河湾にも流れ込んできた。
春の濁りの時期も、ようやく脱したようで、青い海が戻ってきた。

水温も17℃までググッと上がって、海の中はこの時期にしか見られない小さな生き物が大活躍。
このウミノミの仲間も、その蛍光オレンジ色のド派手な体色で春がやってきた喜びを目いっぱい表現しているようだ。
マッチ棒の先ほどの大きさながら、腕をいっぱいに広げてその存在感をアピール。

冷たく暗い海の中でじっと耐え忍んできた生命が一気に爆発してきたようで、心が躍る。

それにしても今年の春の濁りは強烈だったなぁ。


[2010年4月10日西伊豆にて撮影, EOS5DMarkII, 100mmMacroUSM, ISO200, 1/6, f11.0、ストロボ2灯]

HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.