日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
カツオノエボシは海のロボコップだ


子供のころ夏休みには毎日近くの海に海水浴に行っていた。
そこで忘れられない体験をした。

突然背中に電気が走ったかと思ったら見る間にミミズ腫れ。
何が起こったのか分からぬまま泣きべそをかきながら、海には怖い生き物がいるんだ、と心に刻んだっけ。

その犯人が、コイツだ。
カツオノエボシ、別名電気クラゲ。

でもこの歳になって改めてヤツを良く見てみると、精密機械のような機能的な体のつくりをしているのに感心する。
一生海面を漂って生活するための見事な浮き袋。
触るとその触手から一瞬のうちに放出される毒の刺胞。
コイツは海のロボコップだ。

それにしてもこの撮影、被写体までレンズ先から10センチ。
怖かったよぅ・・。


[2010年7月31日西伊豆にて撮影、NIKONOS RS、13mmFisheye]


HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.