日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
あてのない下心


西伊豆・大瀬崎のスーパーガイド中野さんが、先日超レア深海魚のシギウナギの撮影に成功したらしい。

あー、オレも逢いたいよう、撮りたいよう。
中野さんは潜る前に、他のダイバーのために柵下のエントリー場所のヌルヌルを一生懸命掃除をしていた、との情報を得た。
そうか、良いことをすれば、こんないい出会いもあるんだね・・。
神様が天上から見ててくれてるのかも・・。

ミョーに納得したおれは、さっそく近所のコーナンでワイヤーデッキブラシを購入、急きょ海に駆けつけて一心不乱、ゴシゴシと海に続く道を大掃除した。

これをやればシギウナギに逢えるかもしれないという大いなる下心。
しかしそのあては全くない。

言ってみれば願掛けのようなもの。

果して潜ってみると、それらしき生物は影もカタチもなかった。
神様が、なめんなよ、と言っている声が聞こえる。

やっぱりなー、と思いながらふと海底を見ると、ニジギンポ君がオレの下心を見透かしたように笑ってたっけ・・。


[2011年2月5日西伊豆にて撮影、EOS5DMarkII、100mmMacroUSM]


HP TOPへ

ところで・・

その中野さんが、今度独立して、故郷の熊本で新しいダイビングショップを開くことになった。
おー、熊本か。いいね、いいね。
関東のダイバーにとっては九州の海の情報はほとんどないに等しい。

新しいショップはこんなかんじ

なんとユニークな建物。
船のダイビングショップだって。
海の中もなんだか良さそうだなぁ。

これまでも写真ですばらしい仕事をしてきた中野さんだけど、故郷、熊本の海でいい仲間に囲まれて、これまでにも増してバリバリといい写真を撮りまくるんだろうね。
退路を断った中野さんの人生の決断だ。
みんなでエールを送ろう。

楽しみだなー、絶対に顔をだすからね。






Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.