日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
震災・津波後の東北の現状(3)-気仙沼、海底に散乱する生活用品
震災・津波後の東北の現状
 

場所を気仙沼に移し、海底の様子を見てみた。



まず、目に飛び込んできたのは、アルバムらしい写真。
台紙に数枚の写真が貼ってあるのが見える。
もしかして、これは遺品か?
遺品ならば大切な思い出だ、関係者にお返しすべきなのでは・・。
と思いながらよく見てみると、全て若かりしキャンディーズが3人揃ってステージで歌っている写真。
確かに持ち主にとっては大事な写真かもしれないが、重要緊急性を鑑み、パスすることにした。



流された車は、そのままの形でたくさん沈んでいた。



中には、かろうじて車だと分かるほど原形を留めない姿ものものもあった。



その他、海底には電化製品や事務用品の小物が散乱している。

今回潜って取材できたのは、広い気仙沼湾のほんの一角。
場所を変えれば、被災者の方にとってかけがえのない品々がたくさん落ちているに違いない。

今はとにかく地上の復興で大変な状況なので、水中までは手が回らないが、そのうち水中も大規模に捜索を行って、大切な思い出がなるべく多くの方々の元に戻って、再び平穏な生活ができるよう祈りたい。


全て:[2011年5月4日気仙沼市沖にて撮影、D90、TOKINA AT-X107DX]

震災・津波後の東北の現状
 

HP TOPへ

Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.