日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
マグロの屍の存在感


でっかいマグロが死んでる。

こんな情報を聞きつけて、様子を見に駆けつけた。
いたいた。

この日は大雨で嵐、海中も結構流れている。
向こうから巨大なマグロの屍が、回転しながら流れてきた。
体長1m以上ある大物だ。

真っ赤で大きな眼から、死してなお鋭い眼光が放たれているような気がして、思わず撮影する身が引き締まった。


[2011年11月19日西伊豆にて撮影、D90、TOKINA AT-X107DX]

この記事のアップ後、詳しい方から、これは「アブラソコムツ」という魚だとの指摘があった。
マグロとは同じスズキ目サバ科の近縁種だが、このアブラソコムツは食品衛生法で流通が禁止されている食えない魚。
人間の体では消化できない油脂成分が多量に含まれており、食うと食当たりを起こすらしい。

なるほど、ここに謹んで訂正させていただきます。



HP TOPへ

Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.