日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
狂喜乱舞、メジナの群れ


この日、朝から北風が強く吹き付けて海面はザブザブ状態。
吹き寄せられた木の葉やゴミが桟橋の近くで舞っている。

こんな状況を待ってましたとばかりに狂喜乱舞していたのは、メジナの群れ。
浮遊物の間で口をパクパクさせながら、夢中になって何かをむさぼり食っている。
彼らにとっては嬉しい刺激に満ち溢れた天国なのかもしれない。


[2012年12月9日、西伊豆にて撮影、D90、Tokina AT-107DX]


HP TOPへ




昔の大瀬崎 弟4話-昭和40年代後半の海水浴の賑わいが凄い!

日本一のダイバーの聖地、西伊豆大瀬崎の昔の姿を大瀬崎フォトアーカイブスから不定期に紹介していくこのコラム。
撮影者や撮影時期が不明な写真も多いですが、全て大瀬崎で撮影された価値ある写真です。
読者の方で、大瀬崎の昔の写真をお持ちの方、掲載した写真のエピソードをご存知の方、ぜひぜひこちらからご連絡ください。
このコーナーで紹介させていただきます。
差支えなければ私が伺って、直接お話をお聞かせいただきます。

弟4話は、その昔テレビゲームもカラオケもない頃、海水浴が庶民の夏の娯楽の王様だった時代の、大賑わいの大瀬崎海水浴場の様子です。
大瀬館がまだ瓦屋根なのにも注目。


撮影: 川上 貢 氏

こうやって俯瞰で見ると、今と比べて砂浜が狭~ぁっ!
そして、なんという人口密度!
「芋を洗うような・・」という比喩がまさにこのためにあるような、圧倒的な混雑。
今とは比較にならない。

当時は決して交通の便が良いとはいえなかったこの大瀬崎。
これだけの人が集まってくるのはオドロキだ。


撮影: 川上 貢 氏

ズームで寄ってみる。
これじゃ、浜にタオルを広げて場所を確保するのもままならないね。

時代はこれからバブルに突き進もうという時期。
みんな幸せになりたくて、一生懸命生きている様子が伝わってくる。
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.