日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
出世するボラ


オボコの大群の密度がハンパじゃない!



スバシリの群れも凄いぞ!



そして、立派なボラの群れも見ることができる。

ボラは古くから日本人に馴染みの出世魚。
オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド
大きさに応じて呼び名が変わる。

ちょうど今の時期、西伊豆ではこのボラの出世の全過程を見ることができる。

チョー楽しい!!


1枚目、3枚目:[2013年1月6日、西伊豆にて撮影、EOS5DMarkII、100mmMacroUSM]
2枚目:[2013年1月6日、西伊豆にて撮影、D90、TOKINA AT-X 107 DX FISHEYE]

HP TOPへ




昔の大瀬崎 第8話-ダイバー以前、一本松は超有名キャンプサイトだった

日本一のダイバーの聖地、西伊豆大瀬崎の昔の姿を大瀬崎フォトアーカイブスから不定期に紹介していくこのコラム。
撮影者や撮影時期が不明な写真も多いですが、全て大瀬崎で撮影された価値ある写真です。
読者の方で、大瀬崎の昔の写真をお持ちの方、掲載した写真のエピソードをご存知の方、ぜひぜひこちらからご連絡ください。
このコーナーで紹介させていただきます。
差支えなければ私が伺って、直接お話をお聞かせいただきます。

弟8話は、昭和51年夏、まだダイバーが全くいない一本松で賑わうキャンパーたちの様子です。


撮影: 川上 貢 氏

こんな時代もあったんだなぁ~。
なんだか隔世の感。
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.