日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
人気者と不人気者の幸福論


昨年末から、こんな可愛いオレンジ水玉模様のイロカエルアンコウが出現し話題となっている。
先月も近くに黒バージョンのクマドリカエルアンコウが出現して、水中に撮影ダイバーの長い行列ができた。

人気の3大ヒケツは、
①被写体の生物が珍しい-これが一番!
②動かない-これが結構重要。場所が特定できるので、ガイドし易いし案内され易いので達成感を得易い。アンコウやウミウシ、ニシキフウライウオといった常連組もこの理由で大人気だ。
③可愛い-やっぱり一目見た印象がカワイイ系が大人気。
ということ。

この3大ヒケツを全て余裕でクリアしてるのが、このオレンジドットちゃんだろう。



反対に、全く人気がなかったのが、前年同時期にずっと見られていたこのカエルアンコウ。

①と②はクリアだが、この色は可愛くないんだなぁ。
可哀そうにずっと居てくれたのに全く話題にもならなかった。

でも、可哀そうと思うのはニンゲンの勝手な論理。
カエルアンコウ的な生き方としては、この灰色バージョンの方が敵にも見つかりにくく、幸せな一生を送れたのかもしれないね。

ニンゲンの勝手な判断は君たちには迷惑極まりない話だよね。
カンベンしてくれ。
オレンジドット君も灰色バージョン君も、同じ地球に生きる仲間。
応援しているぜ。


上写真:[2013年12月26日、西伊豆にて撮影]
下写真:[2012年11月5日、西伊豆にて撮影]


HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.