日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
キアンコウの湧く海


このところ、ここ西伊豆の海では連日のようにキアンコウの幼魚の目撃が続いている。
この日も湾内に一度に4個体が出現、たまたま居合わせたダイバーは終日お祭り状態だった。

この日現れたのはどれも黄色化する前のこの位の小さな幼体。
大きさがほぼ揃っていたところをみると、みな兄弟なのかもしれないね。



それぞれの個体には、このようにダイバーの取り巻きがグルリとでき、どこも大フィーバー。
これだけ集まると、辺りにはフィンで巻き上げられたフクロノリの切れっ端が漂っていて、被写体を見失ってしまいそう。

モデルのキアンコウ君たち、どうもお疲れ様でした。
オレは、取り巻きの外から皆が撮影する様子を見ているのがすごく興味深かった。



たまたま海中で出くわした井上店長に、記念撮影していただきました。
シュウさん、ありがとう。

キアンコウのちっこさを強調したくて差し出したオレの顔。
でも出来上がった写真を見て、ここまでオレの顔デカかったかなあと違う意味で唖然。
突き付けられた現実に、帰りの車中で少々悶々とした時を過ごしたのでした。。

そんなことはさておき、一度に4匹ものキアンコウ幼魚が見られる海って他にある?

深海からの訪問者、キアンコウの湧く海。
やっぱり、大瀬崎はスゴい海だ。


[2014年4月26日、西伊豆にて撮影]


HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.