日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
ウミヒルモの可憐な花


やってきました、今年もウミヒルモの季節が!

海底一面に覆い尽くしたウミヒルモの可愛い葉っぱの間から、可愛い花が控え目に顔を出している。



チョー可愛い花が乱れ咲き。。。



こちらでは、2本の花が寄り添っていい感じ。



透明で薄紫色の花弁。
なんて可憐な花なんだろう。



こちらはウミヒルモの雌花。
これまで見てきた可憐な雄花と違って、なんという地味さかげん。

ケバケバの糸のようなものがひょろっと伸びているだけ。
こりゃないんじゃないの?と訴えたくなるほど超ジミーな花だ。
この花が、流れてきた花粉(専門的には「糸状花粉」というそうです)をがっちりと受け止めるんだね。



近くの葉っぱの陰には、これから開花を控えた雄花のつぼみがスタンバイしていた。



そしてまた別の場所には、役目を終えて枯れようとしている花も・・・。

このウミヒルモという海草は、長い進化の過程で、海から陸へ、そしてまた海へ回帰していった歴史を持つ。
だから、我々が陸上で見慣れたような葉っぱを持ち、立派な花も咲く。

各県別のレッドデータブックを見ると、両隣りの愛知県では既に絶滅種、神奈川県では絶滅危惧Ⅰ類として分類されている。そして静岡県では「情報不足」とされており、いずれにしても、とても貴重な生き物なのだ。

これからもこのウミヒルモに注目して見守っていきたい。


[2014年7月13日、西伊豆にて撮影]


HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.