日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
オビアナハゼ大産卵-母さん達の熱い戦い


今ピークを迎えつつあるオビアナハゼの産卵風景。
おなかをパンパンにしたお母さんたちは、その産卵場所を確保するのに必死だ。

そんな様子を追ってみた。



目ぼしいザラカイメンにやってきた新参者のお母さん。
ここに産みたいよぉ。。

元々いたお母さんとガンを飛ばし合う。



さあ、バトルの始まりだ。
さあ、まず新参者のお母さんが攻撃をしかけた。



お互いにピンと鰭を全開にして、少しでも体を大きく見せて、この戦いを有利に進めようと企む。



そのまま中層へ。
果たしてこの戦いはどうなるのか。。。
オレは、固唾を飲んでこの様子を見守る。



さあ、元々のお母さんが反撃に出たぞ。



相手のお腹めがけて頭突きだ!
新参母さん、思わず仰け反る。



ショックを隠せない様子の新参母さん。



こちらは、実力を見せつけてドヤ顔の元々母さん。



そんな元々母さんの気の緩みを目ざとく見つけた新参母さん、

おおっと、意外な行動に出たぞ!
なんと後ろで産卵を始めたじゃないの!!

弱い者の定めで、寸暇を惜しむ素早い行動だ。
産卵の瞬間、思わずああっと叫ぶように口が開けて恍惚の表情。
やったね、目的達成だ、新参母さん。。



これを元々母さんが黙って見過ごすはずがない。

あたいの縄張りに何してんのさ!
これから反撃が始まるのだった。

こうやって、産卵場所を巡る場所取り合戦は延々と続く。
水温14℃で2時間を超える潜水。
でも、メラメラ燃え上がる母さんたちの熱い想いが伝わってきて、ロクハンに包まれたオレの体幹はHOT、HOT、HOT。
思わず口をついて出た鼻歌は、昨年流行った「アナハゼと鱈の女王」の一節。

少しも寒くないわ。。。

あれ?
こんな歌、あったよね?


[2015年1月12日、西伊豆にて撮影]


HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.