日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
泥に生きる - 耐えて生き抜け


普段は砂原が続く海底。
でも数日前に、大雨で大量の土砂が入り込んできた。
手をつくと、モワモワと舞い上がる泥の煙幕。
ちょっと足ヒレで海底を煽ってしまえば、たちまち透明度ゼロの世界が広がる。



極端に生き物の数も減ってしまった。
煙を濛々と立てながら、カワハギが海底を突き進む。



海底に穴を掘って暮らす生き物にとっては、この状況は死活問題だ。
降り積もった泥と、掘った穴の砂の色の違いが、クサハゼの格闘の痕を忍ばせる。



そしてこの日見た感動の光景がこれ。
貴重なニホンアワサンゴが、こんな過酷な状況にもめげず、泥の中で触手を目いっぱい広げて怪しく光っていた。

急な環境変化でこれからが正念場。
耐えて、生き抜いてくれ!


[2016年6月25日、西伊豆にて撮影]

Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.