日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
大きな疑問

ヘドロの上に怪しげな膨らみを発見。
よく見ると、カノコセキワタが今まさに交接中。

そんなにどこにでもいる種類ではないのに、この広い海の中、
お互いどうやって場所を確認し引き合うことが出来たんだろう。
強力なフェロモンのようなものを出しているのだろうか。

この謎を解き明かして、人間界にも応用できたら、
一大ビックビジネスになるのではないか?

水産無脊椎動物の行動学を研究している学者の皆様、
お分かりでしたら是非教えてください。


[2006年6月東京湾にて撮影, OLYMPUS SP-350, プログラムオート、手持ちライト]

HP TOPへ
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.