日々の潜水・撮影活動の中でキラリと光ったシーンをまとめてみました
怒りの形相


見渡す限りのフクロノリの平原。
その上を滑るように移動する小さなタコが一匹。
バックの色とよく馴染んで、見事な身隠れの術。
雲の上を歩く妖精のような、メルヘンチックな光景だ。

さらにカメラを近づけていくと、突然・・・・



「これ以上、近づくんじゃねーぞ!」とでも言わんばかりの怪しげなブルーリングが体表に出現した。

猛毒を持つという、ヒョウモンダコの怒りの形相。
珍しいタコではないけれど、これを見るたびにドキリとするぞ。


[2017年5月6日、西伊豆にて撮影]
Copyright © 2005 今日の一枚. all rights reserved.